最終更新日:2014年12月27日 作成日:2007年9月29日 | コメント(0)

宮沢 賢治:銀河鉄道の夜(1990/12)

宮沢 賢治さんの「銀河鉄道の夜」

銀河鉄道の夜の説明文(amazonより抜粋)

輝く星の空を超え、光る銀河の岸を渡り、ジョバンニとカムパネルラを乗せた幻の列車が走る。孤独な魂の旅を抒情豊かに綴る表題作他「風の又三郎」など5編。(解説・中村文昭/鑑賞・武田鉄矢)

銀河鉄道の夜のレビュー

銀河鉄道の夜は、何回も読んでみたいと思った作品です。
小さい子から大人までみんなで楽しめます。

銀河鉄道の夜は本により収録内容が変わる

宮沢 賢治さんの「銀河鉄道の夜」は、何パターンも販売されており、本により収録されている物語も変わります

角川文庫の銀河鉄道の夜の目次

1.おきなぐさ
2.めくらぶどうと虹
3.双子の星
4.貝の火
5.よだかの星(ぶとしぎ)
6.四又百合
7.雁の童子
8.ひかりの素足
9.虹の絵具皿(十力の金剛石)
10.黄いろのトマト
11.銀河鉄道の夜

集英社文庫の銀河鉄道の夜の目次

1.やまなし
2.いちょうの実
3.よだかの星
4.ひかりの素足
5.風の又三郎
6.銀河鉄道の夜

この記事が参考になったらSNSにお願いします。

コメントする


本に関係のある記事一覧

Copyright ぞえぞえねっと All rights reserved