最終更新日:2014年12月27日 作成日:2007年9月13日 | コメント(0)

24人のビリー・ミリガン〈下〉

多重人格で有名になったビリー・ミリガンの書籍です。
上下巻の二部構成です。

24人のビリー・ミリガン〈下〉の説明文(amazon抜粋)

ビリー・ミリガンのなかには、じつに23もの別人格が潜んでいた。性格だけでなく、知能、年齢、国籍、性別さえ異なる彼らはなぜ生まれたのか。一貫した意識を奪われ、自殺を繰り返し試みるほどに追いつめられた基本人格のビリーは、いかに混乱をのりこえていくのか。そして世間の好奇と不信の目にさらされつつ進む裁判の行方は...多重人格という驚異の世界を通じて見えてくる人間の真実を温かな筆致で描き出す傑作実録。

上巻は驚きの連続でしたが、下巻になると少しモチベーションが下がり読んでいく。
人が多数でてきたり、ビリーに24人もいるから誰が誰だか理解できなくなったりします。
日本人以外の名前って意外と頭に入らないです。

この記事が参考になったらSNSにお願いします。

コメントする


本に関係のある記事一覧

Copyright ぞえぞえねっと All rights reserved