最終更新日:2014年12月27日 作成日:2007年9月15日 | コメント(0)

飯田 史彦:生きがいの創造II(2007/5)

生きがいの創造IIは、福島大学教授、飯田 史彦さんの生きがい論シリーズの一冊です。

生きがいの創造IIの説明文(amazonより抜粋)

単行本『生きがいの創造』が、まったく新しいタイプの人生の案内書として話題を呼んでから、本書の親本であり、続編となる、単行本『生きがいの創造II』が世に出るまでに、実に9年の歳月が過ぎていた。そして、その本の冒頭には、「このことを公開すべき時がようやく、やってきました」とある。
つまり、『生きがいの創造II』とは、『生きがいの創造』を発表するにいたった経緯を、著者自身が綴った告白の書と言ってよい。
内容は、「そんなこと絶対にあり得ない」と言いたくなったり、「これは空想的な物語だろう」と評価する読者がいるかもしれない。しかし、ここに書かれていることは、まぎれもなく、著者自身の体験なのである。
直観力が鋭くなくても、「心の眼」を大きく開いて読めば、そういう世界が存在しても不思議ではないと、理解できるはずだ。その時、読者は歴史が変る証人になっているはずだ。
なぜ生きなければいけないか、その理由がわかる本。

生きがいの創造を読んでいるとすんなり受け入れれる内容です。
生きがいの創造の決定版を読んでそちらをベースにして、生きがいの創造IIを読むほうがいいと思われます。

この記事が参考になったらSNSにお願いします。

コメントする


本に関係のある記事一覧

Copyright ぞえぞえねっと All rights reserved